厳選!初心者がUiPathの勉強をする際の3つのツール

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RPAの代表的なツールであるUiPath。

まずは触ってみたいけどどうやって勉強したら良いだろう??と思っている人もいるのでは?

UiPath Accademyという無料のオンライントレーニングがあるのですが、エンジニア経験のない方でいうと「難しい・・・」と感じる方も多いようです。

今回は、初心者がどんなツールを使って勉強したら良いか、3つの方法をお伝えします!

 

UiPath Accademy

こちらはもっとも代表的なトレーニングで、以下URLにてUiPathが無償でe-learningコンテンツを提供しています。(いやー太っ腹!これがUiPathの素晴らしさですよね!)

いくつかコースがありますが初心者向けには、Foundation trainingを受講してください。

全部で14章あるのと途中と最後にテストがある点、変数の概念をある程度理解しておいたほうが良いなど、プログラミング経験のない人からすると少し敷居が高いと感じるかもしれません…。(20時間くらいでクリアする人もいれば、長い方でGWずっとやっていて50時間かかってしまった・・・という非エンジニアの方もいました。)

最後まで頑張ってクリアした方にはDiplomaがもらえますので、その達成感を目指して頑張りましょう!

Foundation trainingのページ

 

できるUiPath

個人的には、このツールがまずUiPathを触ってみたい・・・!という人にはもっともとっつきやすい教材だと考えています。

以下のUiPathサイトに登録すると、無料で「できるUiPath」という本のPDF版がもらえます。

中身は一番最初に行うUiPathのインストールから、レコーディング機能を利用したワークフローの作成、UiPathを用いたデータスクレイピングなど、まずは動かしてみる最低限の情報が書かれていて、かなりとっつきやすい内容です。

また、できるネットというこちらのサイトでも、「できるUiPath」の内容をわかりやすく説明している記事があるのでこちらもおすすめです!

 

できるUiPathダウンロードページ

 

UiPath初級ハンズオントレーニング

自習が難しい・・・人に見てもらいながら短時間でマスターしたい・・・!という方はベンダーの提供しているハンズオントレーニングがおすすめです。

RPA HACKでも以下のようなトレーニングを提供していますが、各社提供している内容としては以下の通りです。

 RPA HACK 
RPA HACK
https://rpahack.com/uipath-training
RPAの初心者から上級者まで、RPAに関する導入の仕方、使い方などの悩みを解決するノウハウが詰まったサイトです。

 

【特徴】

・1日完結(7-8時間)

・少人数制のハンズオンセミナーのためわからないことをすぐ聞ける

・会社によってはツールの使い方以外も教えてもらえる

 

少し料金が高いので、自習でやるより教えてくれる人に手取り足取り聞きながら進めたい!、会社がお金出してくれる!という方はこちらを選びましょう!

また講師に教えてもらうことで、ツールの使い方だけでなくドキュメントの管理方法やRPAを自組織で導入する際に気をつけるポイントなど実践で役立つ情報を教えてくれるトレーニングもあります。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

いろいろな学習ツールを紹介させていただきましたが、トレーニングプログラム含めてさまざまな学習ツールが豊富にあるのがUiPathの魅力です!

ぜひ、自分にあった学習方法を見つけてまずは始めてみてください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フリーランス・副業でRPAプロフェッショナルとして働きませんか?

『RPA HACK』は、フリーランスや副業での働き方を希望するRPAのプロフェッショナルの方が会員登録をし、案件を一緒にプロジェクトを進めていくプラットフォームです。

・RPAに関する知識や専門スキルを活かしてフリーランスで働きたい
・副業で週1~のスポット案件をやって柔軟に仕事したい

RPAに関するスキルを活かして働きたい!!という方は、お気軽に一度ご相談ください。


ご相談はこちら

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*