Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Search in posts
Search in pages

アシロボとは?魅力・特徴・価格を詳しく解説!

近年、働き方改革により業務効率化のためにRPAを導入する企業が増えてきています。しかし、中小企業への導入に関してはコスト面などが原因で上手く進められていないという現状があることをご存じですか?

そこで今回紹介するのは、中小企業向けのRPAシステム「アシロボ」です。実際にアシロボを利用した中小企業(20-50人規模)の方は業務をRPAに置き換えることで完全にテレワーク化できたそうです。このようにアシロボは、働き方改革を目指して、業務効率化を行っている中小企業に最適なRPAツールと言えるのではないでしょうか。

では、中小企業の皆様はアシロボのどのような点に魅力を感じているのでしょうか?本記事では、特徴や導入事例の紹介をしながらアシロボの魅力に迫っていきます。中小企業の導入の現状に関しては、こちらでデータに触れながら説明しています

アシロボとは

「アシロボ」とは、ディヴォートソリューション株式会社が提供する中小企業向けのRPAシステムのことを指します。中小企業や大企業の部署単位向けに開発し、低価格×簡単操作を可能にした官公庁~中小企業まで企業規模に関わらず採用される次世代型RPA製品です。

「中小企業が導入できる働き方改革ロボット」をテーマに①圧倒的低価格②現場担当者が簡単に使えるということを実現しました。以下にサイトHPに記載されているコンセプト(想い)を添付します。

引用元:アシロボ 公式サイト https://assirobo.com/thought.html

 

アシロボの特徴4選

アシロボの概要はご理解いただけましたか? ここでは、アシロボの特徴を4点取り上げて解説します。

魅力①操作が簡単

アシロボの魅力は、何といっても誰でも使える、触れるUIであるところです。アシロボは売り手の目線ではなく、使い手目線で開発されています。RPAのシナリオ設計(※シナリオはRPAのプログラムを意味します)は非常に難しく、外注する場合は月あたり100万円程度かかるとも言われています。また、稼働後に業務フローが変わるなどシナリオ変更が発生した場合、シナリオ修正を他者に任せる必要が出てしまうため時間もコストも別途かかってしまいます。

その点を考えると、アシロボは簡単に誰でも使えるということから、現場担当者の方が日々の作業のなかで気が付いた細かな変更にも即座に対応する事ができます。アシロボは、RPA本来の活躍の場である現場で大きな力を発揮してくれるツールであると言えるでしょう。

魅力②低コスト

RPA導入の本来の目的はコストダウンと効率化です。その本来の目的を達成できるように、アシロボは現場の環境下で社内承認されるようなコスト感覚に寄り添える価格を用意しています。これも、アシロボが開発当初、開発コストから逆算したのではなく、利用者目線で販売価格を決定しているからこそなせる技です。

魅力③管理が簡単

アシロボでは、RPAツールを完全に監視下に置くことができるインストール型を採用しています。RPAには、サーバー型、クラウド型、インストール型の3種類があり、それぞれの特徴は以下の通りです。

サーバー型:大企業や、1分1秒を争う同時、大量、複数作業に向いている反面、高額な導入費用や約10~20倍のメンテナンス費用がかかる

クラウド型:あらゆる環境からアクセスすることができるという優位性を持つ分、ID・パスワード・処理手順・ファイルの保管場所などの社内秘密情報をRPAベンダーに渡すリスク及び、サイバー攻撃時に全業務が停滞してしまうリスクも抱えることに。

インストール型:銀行などの金融機関でも採用されるほどのセキュリティ面の安全性と、メンナンスが安価である反面、ロボットの暴走行為が懸念される。

インストール型の懸念点であるロボットの暴走行為(=通称:野良ロボット)に対して、アシロボは、2つの面から野良ロボット対策をしています。

①秒単位日報
何時何分何秒に、アシロボが何の操作をしたのか、全作業のログの抽出をすることができます。また、日々の作業ログは管理者へ自動送信されるため、全挙動の継続監視も可能となります。

②管理者権限
管理者(上司用)と使用者(部下用)の利用者権限を持たせていて、シナリオ改変を制御可能とする、シナリオロック機能を備えているという特徴があります。これにより、部下判断による新規シナリオ作成・変更が行われることを制限する事ができます。また、インストール型であることから、パスワードやファイルの保管場所などの情報は、全て自社のパソコン内で完結させることができます

魅力④充実のサポート体制

アシロボには、無償で受けることができるサポートが充実しています。それぞれの導入フェーズに合わせて用意されているため、導入時~導入後期まで不安を軽減することができます。

導入初期:無償導入サポート
業務整理などの直接的支援は受けることができませんが、どのような業務がRPA化にむいているか等の相談に載ってもらう事ができます。

導入中期:無償操作説明会
初級~上級など、レベルに合わせた操作説明会を無料で開催してくれます。

導入後期:無償質問サポート
無償サポート後も、電話やオンライン上で専門スタッフがシナリオ作成の相談に乗ってくれます。

導入した後もサポートしてくれる体制は、情報システム部等の専門知識を持っている人が少なくなりがちな中小企業には非常にありがたいですね。

アシロボの導入事例と効果

アシロボは一体どのように企業で導入し、活用されているのでしょうか?実際にアシロボを導入し、業務効率化を成功させることができた企業様の事例を見ていきましょう。

現在約80シナリオ稼働中。成功のカギは社内の雰囲気づくりー株式会社文明堂ー

誰しもが耳馴染みである「3時のおやつは文明堂♪」というCMで有名な、120年の歴史を持つ老舗製菓業、株式会社文明堂での導入事例を紹介します。代表の提案をきっかけに、アシロボ のわかりやすい画面設計と価格が決め手となり導入を決定。

“主流であるRPA製品は、技術者よりの画面(ユーザーインターフェース)が多かったが、アシロボはユーザーフレンドリー。システム開発に携わったことの無い利用者視点に立った作りになっている印象でした。”と、RPA推進を担う総合企画本部情報システム部の太田様は語っていました。

実際にRPAを活用した業務と、その効果は以下の通りです。

  • 残業も発生していた、出荷集計業務をRPA化したことにより、ワンオペレーション3分で終えられるように。
  • 社内開示用のお得意先情報の作成や、商品マスタ情報・売上情報などの社内共有データアップロードをRPA化したことで、無人化を可能に。これにより、今回の新型コロナウイルスの影響で出勤が出来ず在宅勤務になった際に、スムーズな以降をする事ができ、大きな効果を発揮。

他にも、経理部でのルーティンワークなどさまざまな業務をRPA化し、現在では約80ものシナリオを稼働させています。RPA促進を担う太田さんによると、“アシロボの啓蒙活動を活発にしたところ、社内で「あの部署ではこんな事をやっている」「うちでもこんなことが出来ないか」と活発的なやり取りが生まれ、波及効果も出てきている。”とのことでした。

参考:アシロボ 導入インタビュー 株式会社文明堂東京様ー約80シナリオ稼働!RPAをフル活用する鍵は、社内の雰囲気作り 

完全テレワークを実現ー株式会社オンセックー

株式会社オンセック様は、送風機の製造、各種インフラ、電気機器メンテナンス、設計開発などエンジニアリングソリューションビジネスのリーディングカンパニーです。2020年3月頃、コロナウイルスの影響が拡大していく事を見込んでテレワークへの切り替えを進めたものの、出社しなければこなすことができない、書類処理業務などが残っている状態でした。

そこで、アシロボを利用し書類処理もテレワークで行えるように進めていきました。実際にアシロボのシナリオ開発を行った方によると“紙ベースの書類を電子データに変える事から進めました。具体的には、複合機で受信するFAX情報をデータで取り込み、次に予めスケジュール設定した時間にアシロボが動いてFAXデータをPDFファイルに変更、所定のファイルサーバーに保存する。こうした中継作業でアシロボが活躍しました。”とのことでした。

アシロボの使い方 引用:アシロボ 導入インタビュー 株式会社オンセック様ーアシロボで完全テレワークを実現  https://assirobo.com/news/12321.html

 

参考・引用:アシロボ 導入インタビュー 株式会社オンセック様ーアシロボで完全テレワークを実現 

1日4時間×営業日分なので、月間約100時間は作業時間の削減に成功する事ができたそうです。また、シナリオを作成していく際も、業務のフローを大きく変える事もなく人に合わせた動作のままに作成したため、深い知識をもっていなくても簡単にシナリオ作成をする事ができたそうです。

アシロボの価格

アシロボには、1カ月の無料体験版と、有償版が用意されています。無料体験版に関しては次の章で詳しく説明していきます。費用は以下の通りになっており、初期費用に加え、月々に費用が発生します。

初期費用:20万円

月額費用:5万円/月 (フル機能版ロボット2台
ここで利用できるロボットはシナリオ本数・行数ともに無制限で、24時間365日使い放題となっています。

無料トライアルについて

いくら導入コストが安価だとはいえ、実際に使ってみないとわからない所や、不安な点は多くあると思います。そんな方には、まず無料体験版で試してみる事をおすすめします。無料体験版では、本契約時と同様に1アカウント2ライセンス、フル機能版を1カ月の間、無料で試すことができます。

利用期限:発行日の翌月同日の前日まで

     例:2月14日体験版発行→3月13日まで

      :3月31日体験版発行→4月30日まで

※原則、体験版は1社につき1回 
もし、無料体験版から本契約への移行をした場合でも、体験版で作成したシナリオは引き続き利用することができます。

Robo Runnerについて

いくら簡単にRPAを操作できるとはいえ、実際に導入の際にはどのように業務を自動化していけば良いのか不安は数えきれないくらいあると思います。そんな方には、困った時にいつでもすぐプロに相談する事ができるRoboRunnerを紹介したいと思います。

Robo RunnerではRPA専門家を多数抱えており、外部からのサポートを専門的に行っているので、社内にRPA専門家を常駐させておくことが難しい中小企業には非常におすすめです!

さらに、他のRPAサポートサービスに比べ安価であり、サポートも充実しているということ、多数のサービスがあり、自社のRPA導入に合ったサービスを選べることも魅力の一つです。せっかくコストをかけて導入したRPAツールを失敗に終わらせないためにも、Robo Runnerのマンツーマンサポートで、いつでも不安を解消しながらRPAの絶大なる効果を実感してみませんか。

中小企業の方でも安心して使用できるアシロボ 

他のRPAも操作性が簡単であるという事を謳っているものが多くありますが、そのなかでもアシロボは圧倒的な使いやすさを誇っていて、実際に導入した方からも高評価を頂いていることがわかりました。

中小企業はどうしても人材や費用などのコスト面が大きなハードルになってしまい、導入がなかなか進めないという現状があります。しかし、しっかりと業務の洗い出しを行ったうえで、自社に合ったツールを選択していくという手順を踏んでいけば、RPAの絶大なる効果を体験する事ができると思います。ストレス負荷の高い定型作業をRPAに任せて、社員皆様が活き活きと働ける環境が広まる事を願っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です