Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Search in posts
Search in pages

市民開発とは?市民開発者が使いやすいツールを用途別に紹介

市民開発、市民開発者(シチズンデベロッパー)という言葉、皆さん聞いたことあるでしょうか?
おそらく市民開発、市民開発者(シチズンデベロッパー)という単語を聞いたことがない方、単語は知っているけど何のことか分からないという方が大半かと思います。
そこで、本記事では徐々に注目を集めている市民開発、市民開発者(シチズンデベロッパー)について紹介します。

RPA活用辞典を無料でDL

市民開発とは

市民開発とは、ITの専門知識がない従業員がプログラミングをしなくてもアプリ開発ができるローコード/ノーコードのツールを使用し、現場のニーズに直接応えるアプリケーション開発のことです。
市民開発者はITの専門知識がなく、プログラマーではないのでプログラムコードを書くことができません。しかし、ローコード/ノーコードでアプリ開発ができるツールは、アイコンをドラッグアンドドロップするだけで、アプリケーションを作成できるため、プログラマーでなくても、小規模なメンバー間で共有するものから、社内で広く共有できるアプリケーションまで開発することができます。

市民開発が注目される背景

「エンジニア不足」という話を聞いたことがある方も多いと思います。日本では現在すでにエンジニア不足で、2030年までに70万人以上のエンジニア不足が見込まれます。
テレワークやデジタルネイティブ世代の社会進出などからITアプリケーションのニーズが高まる一方で開発者が不足していては企業のデジタル改革は進みません。
そこで注目されているのが開発者ではない従業員がアプリケーションを作成する市民開発です。近年のノーコード・ローコードツールの発展により開発者ではない従業員も簡単にアプリケーションを作成できるようになりました。ノーコード・ローコードツールの発展により開発者人材不足の解決策としてより市民開発が注目されています。

市民開発のメリット・デメリット

次に市民開発のメリット・デメリットを紹介します。
開発者の人材不足を補うために市民開発を成功させることはこれからとても重要になります。プログラマーではなくてもアプリを開発できるようになれば人材不足を補うことができます。ですが、市民開発にはデメリットももちろんあります。

メリット

IT部門の負担を軽減できる、人材不足の解消
先ほども述べたようにプログラマーではない市民開発者が社内で必要なビジネスツールなどを作成できるようになれば、従来アプリを作成していたIT部門の負担を軽減しIT部門の従業員は他の作業に時間を割くことができるだけでなく、開発者の人材不足問題を解消することができます。

現場のニーズに即したアプリケーションが作成できる
市民開発をするにあたりビジネスのプロフェッショナルがアプリケーションを作成することができるようになると開発者よりも現場のニーズに直接応えるアプリケーションが作成することができるようになります。

・素早くリリースできる
市民開発はローコード/ノーコードでアプリケーションを作成するためプログラムを組んで作成するよりはやくアプリケーションを作成できます。また、ローコード/ノーコードのツールはシンプルで使いやすいものも多く、オペレーションの変更等に合わせて仕様の変更を素早く行えます。

デメリット

・アプリケーションの更新
アプリケーションやアプリケーションを作成しているツールは絶えず更新されているため、これらに対応するためには、市民開発者のトレーニングが必要です。市民開発者はアプリケーションの作成に慣れていないため、一定の時間を確保し研修にあてる必要があります。

・品質管理
市民開発者はIT専門家ではないため、開発はできても品質管理までは難しいケースが多いです。そのためIT専門家が開発からテスト、リリースとそのセキュリティに至るまで、アプリケーションの品質と機能を確保するために最終責任を担う必要があります。

市民開発者が使えるノーコード・ローコードのツールを紹介

これまでに紹介したように市民開発はITツールの需要を満たすための人材不足を解消するためにとても有効です。
では実際に市民開発の際に使えるローコード/ノーコードで業務効率化ができるツールを3つ紹介します。

業務アプリを作成するならPowerApps

Power AppsはMicrosoftが2016年にリリースしたMicrosoft365のユーザーなら追加費用なしで使える業務アプリ作成ツールです。

簡単にビジネスアプリケーションを作成できるツールとして注目されており、プログラミングを行う必要が無く、PowerPointのように画面上にあるアイテムをドラッグ&ドロップし、Excelのように関数を入力するだけでアプリを作成できます。

作成用のアプリはブラウザで提供されるため、特別なインストールも必要ありません。

▽PowerAppsについて詳しくはこちら▽

業務を自動化するならRPA

上記で紹介したPowerAppsはローコードでビジネスアプリケーションを作成し、業務を効率化します。一方、RPAは既存の業務プロセスをローコードで自動化し業務効率化を図ります。
RPAにもさまざまなツールがありますが、中でもおすすめのRPAツールを2つ紹介します。
RPAについて詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

・Power Automate for Desktop

Power Automate for Desktopは2021年3月2日にMicrosoft社がPower Automete Desktopとして無料提供を開始したRPAツールのことでWindows10ユーザーなら追加費用なしで使用することができます。

2021年10月4日にはPower Automete DesktopからPower Automete for Desktopに名称変更されました。

Power Automete for Desktopの主な特徴として以下の3つがあげられます。
1.日本語に対応している
海外産ツールが多いRPAにとって日本語に対応しているかどうかは導入前の重要な判断材料の1つです。Power Automate for Desktopは日本語に対応しているので安心して使用できます。
2.直感的な操作
Power Automate for Desktopの対象には企業の担当者だけでなくホームユーザーも含まれており、専門的な知識を必要としません。
基本の操作はドラッグアンドドロップです。左にあるアクションの欄より必要なものを選び、中央にドラッグアンドドロップするだけなので直感的に操作することが可能です。
3.Microsoft社の他サービスとのシームレスな連携
日常的に使うOffice製品、OutlookやOneDriveといった他のMicrosoft社のサービス、商品との連携がシームレスに実現します。RPA以外の製品やサービスを数多く扱うMicrosoft社ならではの特徴です。もちろん外部のサービスとの連携も可能です。

Microsoft365のユーザーであれば無料で利用できるのでRPA導入を検討しているがいまいち想像がつかないという方は、まずはPower Automete for Desktopをダウンロードして実際にRPAに触れてみることをおすすめします。

▽Power Automate for Desktopについて詳しくはこちら▽

pz-linkcard: Incorrect URL specification.(url=)

・UiPath

UiPathは「世界3大RPAソフト」の1つで、エンジニアが学習目的であれば無料で開発できるライセンス体系を持っていたり、様々な企業がトライアルしやすいという魅力から、国内RPA市場の売上シェアにおいて4年連続で第1位を獲得している大人気のRPAツールです。

参照元:UiPath社が、ITRの調査レポートで国内RPA市場シェア1位を4年連続で獲得

UiPathの主な特徴として以下の3つがあげられます。

1.直感的な操作
Power Automete for Desktopと同様、基本的にはコーディングの必要がなくどらドラッグ&ドロップ操作で簡単にロボットを作る事ができるため、直感的に操作することが可能です。
2.オープン性
「UiPath」のツールはオープン性があるため、テンプレートを利用して豊富なライブラリーから快適に設計できます。そのため、不必要な機能を無駄に取り入れることもありません。
3.高い柔軟性
オープンなデジタルプラットフォームで、ブラウザー操作だけではなく、WindowsアプリやMicrosoft Officeの操作なども安定して自動化することが可能です。
また、画像から情報を読み取る画像スクレイピングや、OCRでの読み取りも可能な他、SalesforceやSAPなどの業務アプリ、ホストコンピューターのターミナルで動作するアプリなど、幅広い環境の自動化に対応できます。

選択できる命令(アクティビティ)は400以上の種類が存在し、どれも視覚的に操作が可能です。実際の操作を記録するレコーディング機能もあり、他のRPAツールに比べて使いやすい点もポイントです。

UiPathはライセンスによって無料版・有料版があります。簡易的なものではありますがライセンスの違いを表にしていますのでご参考までにご覧ください。

 

有料ライセンス

エンタープライズ用

評価版

Community Cloud

費用

有料

無料

無料

対象

エンタープライズ

エンタープライズ

個人/その他事業主

利用制限

なし

60日間

なし

▽UiPathについて詳しくはこちら▽

まとめ

皆さん市民開発・市民開発者についてご理解いただけたでしょうか?開発者の人材不足を解消するために市民開発の需要はこれからも高まっていくでしょう。
先ほど紹介したPowerAppsやRPAツールなどのローコード/ノーコードツールをうまく導入して業務効率化に取り組みましょう。

内製化にも最適。「Robo Runnerスクール」


RoboRunnerスクールは、パーソナルメンターとして、1人のメンターが基礎から資格取得、コースを終えるまで伴走してサポートするサービスです!自主学習として活用できる仕様になっているので空いた時間で効率的に学習を進めることができます。テキストで分からないことがあれば、チャットサービスで気軽にご質問いただけます。基礎内容から段階的に難易度が上がっていく内容のため、初心者の方でも安心してご活用いただけます!

自分1人で行うとモチベーションが上がらない…わからない事が出来た時にすぐに聞きたい…!という方におススメです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です