RPAフリーランスを目指すなら知っておきたい4つのこと~業界動向・必要スキル・単価・仕事の探し方~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
キャリアステップ

クラウドサービスの広がりや、フリーランスの自由度の高い働き方が注目を集め、フリーランス人口は年々増加傾向です。RPAエンジニアの中でもフリーランスとして活躍される方が増えています。いつか自分もRPAフリーランスになりたいと考えている方も多いのではないでしょうか。

本記事では、フリーランスとして働きたい・フリーランスに興味があるRPAエンジニアに向けて、RPAマーケットの動向やRPAフリーランスの必要スキル、単価相場、仕事の探し方などについてご紹介します。

RPAのスキルを活かしてフリーランスになりたい方はこちら↓

RPAマーケットの動向

数年前からブームになっているRPAですが、今後もRPA活用は続く見込みです。

RPAが注目され始めた初期段階では首都圏・大企業が中心となりRPA活用に取り組んでいましたが、今では中小企業や地方でもRPA活用に取り組む企業が増えています。また、すでにRPAを導入済みの企業でも、検証目的や一部の部門・業務に限定したRPA導入から、本格導入や全社導入へと舵を切っています。さらにRPAは1度導入したらそれで終わりではなく、業務やシステムの変更に合わせて保守が必要です。そのためRPAエンジニアの需要は当面続くでしょう。

一方で、RPAエンジニア育成の動向として、人材会社やソフトウェアベンダーがRPAエンジニアを育成するという動きが進んでいます。さらにツール自体もますます使い方が簡単になっていくと予想されます。ツールを使えるRPAエンジニアは今後も増加傾向ですので、ツールを使えるだけではRPAエンジニアとしての市場価値は上がらないでしょう。

RPAフリーランスの求人
~仕事内容・求められるスキル・単価相場~

RPAフリーランスの求人の多くは、コンサルティングファームやソフトウェアベンダーによるものです。一般的な仕事内容や必要なスキル、単価相場をご紹介します。

RPAエンジニア

クライアントの要望に従い、設計・開発・テスト・保守などを行います。業務の多くはRPA単体ではなく、他のシステムやツールと連携して自動化を行います。自動化する内容によってはRPAツールでは対処できない場合もあり、Excelマクロの開発やプログラミングを行うこともあります

そのため多くの求人で、VBAやJavaScriptなどのプログラミング言語での開発経験、システムエンジニア経験といった、RPA+αのスキルが求められます。また、自動化対象業務の業務知識がある人も認識合わせが容易になるため歓迎されます。

RPAエンジニアの単価相場は、60万円~80万円/月(常駐・週5勤務)がボリュームゾーンです。またUiPathの案件や都内の案件は案件数も多く単価が高い傾向があります。

現在は新規のRPA導入や、利用範囲拡大に伴うRPA導入に関連する求人が多くなっていますが、すでにRPAを利用している企業では内製化やツール移行なども始まっています。今後、内製化のためのRPA人材育成やツール移行サポート、保守サポートといった案件も増えていくことが予想されます。

RPAコンサルタント

クライアントの課題や導入目的に合わせてRPAを提案し、導入のサポートを行います。導入のコンサルティングを中心に、プロジェクト管理や運用改善なども行います。

RPAエンジニアからRPAコンサルタントへと転身することもありますが、RPAツールの経験よりもシステム開発全般に関する知識やコンサルティング経験、システム導入におけるプロジェクトマネジメント経験などが重視される傾向があります。また、様々な人とのコミュニケーションが必要になるためコミュニケーションスキルも欠かせません。

RPAコンサルタントの案件はRPAエンジニアよりも単価相場が高くなり、100万円/月以上(常駐・週5勤務)の案件も見つかります

RPAプリセールスエンジニア

RPAツールの提案・販売を行います。

提案力やコミュニケーション力といった営業面のスキルが重要になります。また、ツールの理解はもちろん、デモンストレーションを行うこともあるため、技術力も必要です。

RPAプリセールスエンジニアの単価相場は、70万円~100万円/月(常駐・週5勤務)がボリュームゾーンです。

いずれの職種も、案件単価は仕事内容や経験、保有スキルによって大きく変動します。業務経験や保有スキル次第でさらに高収入を得ることも可能です。

RPAフリーランスとして活躍するには

RPAはここ数年で急速に拡大しており、変化が激しい分野です。RPAツールの進化に伴い、使い勝手がよくなり、ツールでできることも増えています。また、RPAツールの種類も増えています。

このような状況においてRPAフリーランスとして活躍するには、自己研鑽が欠かせません常にお客様自身ではできないことをできるようにしておく必要があります。また、RPAマーケットの動向を把握しておくことも必要です。RPAツール自体だけではなく、AI-OCRのようなRPAと連携する周辺技術の流行りやRPAフリーランスの求人傾向から、どのようなプロジェクトに参画しキャリアを積むのがよいか先を見据えてキャリア形成を行うことも、長くRPAフリーランスとして活躍する上で重要な要素となります。

仕事の探し方

フリーランスになるのは簡単です。しかし、フリーランスとしてきちんと生活し、希望の働き方や生活を叶えるとなると話は別で、仕事を取ってくる力が必要です。RPAフリーランスが仕事を探すための代表的な方法をご紹介します。

フリーランスエージェントに登録する

フリーランスエージェントは、フリーランス本人に代わり営業から契約締結までを行ってくれるサービス・運営会社です。自分の希望条件にあわせて案件を探すことができます。長期・週5案件のような、本業としての案件を探す場合に向いています。ITエンジニア向けのフリーランスエージェントは数多く存在しますので、複数のエージェントに登録することをおすすめします。

中でも「RPA HACKフリーランス」では、RPA案件を専門に取り扱っています。フリーランスや副業での働き方を希望する方はぜひご登録ください。

知人、同業者からの紹介

過去に所属していた会社やお付き合いがあった会社の知人に紹介してもらうのも1つの方法です。スキルや仕事の進め方が分かっている相手、信頼関係がある相手であれば、案件獲得の可能性も高くなります。伝手がある場合は、こまめに連絡を取っておきましょう。

クラウドソーシングサービスを利用

求人サイトに比べると、単発・短期の案件や作業場所や作業時間を問われない案件が多く、副業としての案件を探す場合に向いています。また単純作業の案件も多いため、単純作業をRPAを使って効率的に請け負うのも1つの方法です。

SNSやブログを利用

最近ではTwitterやYouTube等のSNSやブログを使って自分をブランディングし、仕事につなげるという人もでてきています。発信力、セルフブランディング力次第で、指名で仕事を任せてもらえるようになります。

まとめ

RPA業界は活況で、今後もRPAエンジニアの需要は高まっていくでしょう。フリーランスで活躍しているRPAエンジニアも増えてきています。フリーランスになりたい人には、大きなチャンスと言えるでしょう。いきなりフリーランスになるのはハードルが高いという場合は、副業から始めるのもおすすめです。

自由がほしい、独立したい、もっと稼ぎたいなど、フリーランスを目指す理由は人それぞれです。RPA HACKフリーランスでは、RPAエンジニアの皆さんが我慢しないで幸せに働くことを支援しています。RPAフリーランスに興味を持ったら、まずは「RPA HACKフリーランス」へご登録ください。貴方の人生の転機がそこにあるかもしれません。

 

RPAツールの「作れない」「直せない」の悩みを月5万円~で解決!↓
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フリーランス・副業でRPAプロフェッショナルとして働きませんか?

『RPA HACK』は、フリーランスや副業での働き方を希望するRPAのプロフェッショナルの方が会員登録をし、案件を一緒にプロジェクトを進めていくプラットフォームです。

・RPAに関する知識や専門スキルを活かしてフリーランスで働きたい
・副業で週1~のスポット案件をやって柔軟に仕事したい

RPAに関するスキルを活かして働きたい!!という方は、お気軽に一度ご相談ください。


ご相談はこちら

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*