Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Search in posts
Search in pages

RPAエンジニアとは?業務内容・求人情報・将来性について詳しく解説!

近年、業務改革が進んでいる中で、RPAに注目が集まっています。それに伴い多くの企業がRPA導入を進めており、自社でRPAロボットの開発ができない企業の場合には、外部のRPAエンジニアに外注するというケースも増えています。

そこで今回の記事では、RPAエンジニアとは?ということから、RPAエンジニアの具体的な業務内容、魅力や将来性、求人状況についても紹介していきます。RPAエンジニアとしてキャリアを積みたい、少しでも興味のある方には参考にしていただける記事となっております。

RPAエンジニアとは

RPAエンジニアとはRPAに関する知識・スキルを有する人材のことを指します。RPAエンジニアはRPAロボットの開発はもちろんのこと、運用を含むサポートまでも行う場合もあります。RPAエンジニアのより具体的な業務内容は下記で紹介していきます。

RPAエンジニアの業務内容

ここではRPAエンジニアが普段いったいどのような業務を行うのか紹介します。RPAエンジニアの業務内容はRPAの開発と保守・運用の大きく分けて2つあります。それぞれの業務内容は以下の通りです。

開発

RPAのシステム開発を行います。RPAエンジニアはクライアントが求めるようなロボットを開発することが求められます。そのため開発を行う際には実用化をイメージし、構築を行なっていく必要があります。クライアントの期待する業務効率化を実現するために、RPAエンジニアは業務プロセスの理解が重要となってきます。

保守・運用

RPA導入が完了した後、万が一RPAの動作でエラーや不具合が出た際に、ロボットの修正や対応を行う業務が保守・運用です。保守・運用の業務の中にはロボット構築に関することや、トラブルが起きた際の対応をまとめたマニュアル作成も含まれる場合があります。

RPAエンジニアの魅力とは?

ここでは、実際にRPAエンジニアとして働いてくなかで感じられるであろう魅力について紹介します。

開発スピードの速さやユーザーとの距離の近さ

RPA開発は他のプログラミング開発と比べて開発スピードが早く、また少数で行うというケースが多い点が特徴です。それに加え、具体的に誰の役に立つかが明確で、かつ解決したいことが大体分かっているケースが多い、というのもRPA開発の面白い側面です。

そのようなRPA開発のスピード感や軽快さという特性から、RPAエンジニアとしてユーザーに対するヒアリングをしていくなかで、フィードバックを得やすく、結果としてそれが仕事のやりがいにもつながります。この点がRPAエンジニアとして働くことの魅力の一つであると考えます。

今後さらにニーズが高まる職業であるという点

近年、人手不足や業務効率化、DXの流れで企業は自動化を推進し、RPAに対する需要は伸長しており、その傾向はさらに続くと考えられます。それに合わせ、RPA開発ができるRPAエンジニアに対するニーズも高まっていくでしょう。

このように、RPAエンジニアに対するニーズの高まりは結果としてRPAエンジニアという職業の価値向上に繋がります。この将来性が魅力の一つであると考えます。

RPAエンジニアの必要なスキルは

RPAエンジニアとは?ということはご理解いただけましたでしょうか。それではRPAエンジニアが備えておくべき二つのスキルについて紹介します。

プログラミングスキル

「UiPath」「WinActor」等、主要なRPA開発ツールを用いた開発ではアクティビティと呼ばれる視覚的にわかりやすいものを使います。

それなら「プログラミングスキルは必要ないのでは?」といった意見もよくありますが、実際にはプログラミングスキルは必須となります。アクティビティを組み合わせていく時、プログラミング構想力、変数の設定、関数の理解など一般的なプログラミングでも使う基礎的な知識が多用されるからです。もし、これからRPA開発に取り組もうと考えている場合はしっかりと基礎的なプログラミングスキルを備えた上で取り組むことをオススメします。

コンサルティングスキル

RPAエンジニアにはプログラミングスキルといった一般的なエンジニアスキルの他にコンサルティングスキルが必要となります。社内ではどのような課題を抱えていて、どのような場面にRPAを導入し、業務を自動化していくことが良いか。また実際に現場で使ってみた上で感じた疑問や課題を聞きつつ、それに応えていくといったコンサルティングスキルが重要です。

三井住友信託銀行株式会社の導入事例(https://magazine.techcareer.jp/technology/rpa/9923/)でも「現場の裁量で自由にロボットの開発を進めると、野良ロボットが生まれて業務品質が劣化してしまう。」と言われています。開発することを目的に取り組むと実際には使えない、使いにくいロボットが生まれるということです。

高品質なRPAツールを開発するには、プログラミングスキルも必要ですがコンサルティングスキルがより重要になってきます。RPAを開発することを目的にするのではなく、RPAを運用するにはどうしたらいいかということを目的に取り組むことが大切です。

RPAエンジニアの将来性

参考: 「RPA国内利用動向調査2020 -企業のRPA導入率は38%、大手企業は51%」

MM総研のRPA国内利用動向調査2020によると、2019年11月時点での国内企業におけるRPAの導入率は38%となっており、2019年1月が32%、2018年6月が22%に比べると増加傾向にあることが伺えます。大手企業のみに着目すると、導入率は51%となっております。

このことから、国内ではRPAの導入が着々と進んでいることがわかります。この現状を考慮すると、RPAエンジニアに対する需要はこれからさらに伸長すると考えられます。しかし、現在、RPAが世間で注目され始めた結果、RPAエンジニアも増加傾向にあるのが事実です。そのため多くの企業ではRPAエンジニアの中でもより上流(プロジェクトマネジメント、要件定義の経験がある)の人材を求めています。

つまり、RPAエンジニアとして活躍するためには開発の知識を身につけるだけでなく、RPAプロジェクトのマネジメント、業務のヒヤリング、要件定義などもできる人材である必要があります。

参考記事:RPA国内利用動向調査2020

RPAエンジニアの求人状況と年収

ここでは、RPAエンジニアの求人と年収相場について紹介していきます。あくまでも具体的な求人状況や年収ではありませんので、実際にRPAエンジニアとして働いてみたい方は外部の求人サイトをご覧ください。

求人状況

正社員募集では経験不問もありますが、基本的にプログラミング経験ありの募集が多く、特に以下言語での開発経験(Java,C,C#,Python,VB.NET)有りの募集がよく見られます。

派遣社員募集ではUiPath,WinActorなどRPAツール経験者の募集が多く、企業によっては実務経験1年以上など指定がある場合があります。

年収相場

年収相場に関してはRPAエンジニアの中でも業務内容によって違いがあります。

またVBAからJavaScriptなどのプログラミング言語開発経験、システムエンジニア経験有無などによっても多少の変動があります。ここではUiPath / WinActor / BizRobo! / Automation Anywhere / BluePrismを扱うRPAエンジニアを対象としています。

設計~開発 40万円〜/月
要件定義~開発 50万円〜/月
PM(プロジェクトマネージャー)~開発 80万〜/月

※要件定義とは

システムやソフトウェアの開発において、実装すべき機能や満たすべき性能などを明確にしていく作業のことです。 ユーザ部門から要求を引き出し、システムに実装するべき機能を整理します。

RPAエンジニアになるための勉強方法をお探しの方へ

UiPath学習

RPA エンジニアとして、今後活躍したいと考えている方に向けて、当社が提供しているUiPathの有料学習プログラムをご紹介します。当メディア・RPA HACKは、UiPath社認定の公式トレーニングアソシエイトパートナーであり、ハイクオリティのオンライン学習プログラム「Robo Runnerスクール」を提供しています。

一般的な動画視聴型のeラーニングコンテンツを自習する場合、「膨大な学習コンテンツをどう進めたらいいかわからない」、「動画説明を見てもよく理解できない部分がある」といった様々な悩みが生じますが、それらを自力で即座に解消することは容易ではありません。Robo Runnerスクールでは経験豊富なUiPathエンジニアがメンターとして学習のサポートを行います。メンターとともに学習スケジューリングや目標設定を行い、効率よく学習できるオリジナルのトレーニングテキストを使って自習をしつつ、途中で分からないことはチャットサポートで気軽にメンターに質問することで、UiPathの学習効果を最大化することを目指します。

今後RPAエンジニアとして働いてみたいという方の第一歩として「Robo Runnerスクール」はいかかがでしょうか。

まとめ

今回はRPAエンジニアについてご紹介しました。RPAエンジニアが普段どのような業務をおこなっているのか、ご理解いただけましたか。近年はRPAを導入する企業が増えていくなかでRPAエンジニアも増加傾向にあるのが事実です。

今後、競争が激しくなる中でRPAエンジニアとして活躍していくためにはRPAの開発という必要最低限のスキルは身につけておきながら、より広い範囲の業務をこなせる必要があります。これからRPAエンジニアとしてキャリアを積みたいと考えている方がいらっしゃいましたら、まずはご自身がどのようなスキルを持ってて、どのようなスキルを持ち合わせていないのか見極めるところから初めてみるのがよいと考えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です