Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Search in posts
Search in pages

DX Suiteとは?AI-OCRの基本情報、製品の魅力など詳しく解説!

様々な新しい技術が登場する中で、AI-OCRという技術が注目されているのをご存知ですか。AI-OCRは端的にいうと、紙の文字を自動で読み取ってデータ化してくれる技術です。この技術があれば、今までいちいち自分で手入力している業務がなくなるのではないかと感じた方も多いのではないでしょうか。今回はそんなAI-OCRの基本的な情報とAI-OCR製品であるDX Suiteの特徴や価格などの情報をお伝えします!

そもそもOCRとはなにか

「AI-OCR」という言葉を見て、AIはなんとなくイメージがつく一方でOCRという言葉のイメージが持てないという方が多いのではないでしょうか。OCRとはOptical Character Reader= 光学文字認識という意味です。

このOCRという技術を使うことで紙に書かれた手書きの文字や印字された文字をデジタル化してくれます。OCRにより、紙からデジタルデータへの転記の作業が解消されます。

AI-OCRとは?

OCRという言葉の意味についてはご理解いただけたでしょうか。近年このOCRをさらに発展させた言葉としてAI-OCRが登場しました。一見OCRで十分便利だと思った方もいたかもしれません。しかしOCRにはいくつかの弱点が存在します。

OCRの弱点① 精度が低い

OCRは形が崩れた手書きの文字などはうまく認識してくれないという問題がありました。

OCRの弱点② 定型フォーマットにしか対応できない

従来型OCRでは文字と文字のつなぎ目や切れ目を判別するのが難しいという問題がありました。決められた範囲のみしか読み取ることができず、手書きの場合などは四角い枠に入っている文字しか読み取れませんでした。

AI-OCRはこれらの弱点をカバーしてくれます。

AI-OCRはその名の通り、AIの技術を利用しています。「機械学習」や「深層学習」といったAIの特徴を活用することで、自らが、フォーマットを識別し、今までOCRでは難しかった非定型・手書きの文字に対応します。また読み取りを一度間違えた場合でも、その間違いをAIが学習し、文字の読み取り精度の向上に繋げます。

RPAとの上手な組み合わせ方

AI-OCRとOCRの違い・AI-OCRの強みについてはご理解いただけましたか。

そしてAI-OCRはRPAと組み合わせることで、より高度な自動化を実現できます。

RPAは、データをある場所に転記・別のシステムに入力するなどの単純作業を自動化してくれます。しかし、データがデジタル化されていない、つまり紙に書かれている状態では業務が実行できません。ここにAI-OCRが加わることで、自動化の前段階となる文字データをデジタルデータに変換する作業を高い精度で行うことが可能となり、一連の自動化に組み込めるようになります。

大注目のAI-OCR製品DX Suiteとは?

ここまでAI-OCRの特徴について詳しく見てきました。従来のOCRとAI-OCRの違いについてはご理解いただけましたでしょうか。

ここからはAI-OCR製品の紹介をしていきます。今回紹介するのはDX Suite(https://DX Suite.com/)です。DX SuiteはAI inside株式会社が提供しているAI-OCR製品です。

AI inside株式会社は2015年8月に設立され、2019年12月には東京証券取引所マザーズへの上場を果たしており、人工知能および関連する情報サービスの開発・提供事業を展開しています。DX Suiteは株式会社富士キメラ総研が2019年3月に刊行した市場調査レポート「2019 人工知能ビジネス総調査」において、AI-OCR市場シェアNo.1を獲得しています。

DX Suiteの導入事例

現在、DX Suiteの契約件数は5,800件以上です。また、DX Suiteが採用されている業種は金融業から役所などの地方公共団体までと幅広いです。

DX Suiteコンセプトムービーは動画でサービスのイメージがわかるのでオススメです。
https://youtu.be/ck0TCoyXdoE

DX Suite特徴的な機能は?

DX Suiteの概要はご理解いただけたかと思います。ここからはDX Suiteの機能について紹介します!

Intelligent OCR

HPより引用

こちらは、⼿書き、活字、FAX、写真で撮った書類まで、あらゆる書類を⾼精度でデジタルデータ化する機能です。OCRでは読み取りが厳しかった手書きや細かい字を判定し、またそれらを学習します。

もちろん、RPAとの連携もスムーズにできるような工夫がされています。

Elastic Sorter

HPより引用

こちらはアップロードした書類の仕分けをAIが自動で行ってくれる機能です。

あらかじめ、請求書001、発注書002などと仕分けのルールを設定しておけば、その書類をアップロードした時にAIがその書類を確認し、ルール通りに仕分けをします。また仕分けされた書類はワンクリックで、Intelligent OCRに送信され読み取りが開始されます。

Multi Form

HPより引用

AIが自動で、読み取りたい箇所の位置を自動で抽出し、読み取りを行なってくれる機能です。従来のOCRに必要だった、読み取り箇所の設定が不要となります。

この機能により、たとえば請求書や領収書、レシートや住民票などといった、記載される項目は同じでも、記載される場所、レイアウトが無数にあるフォーマットがばらばらの書類でもまとめて読み取りを行なってくれます。

DX Suiteの価格

HPより引用

DX Suiteには3種類の料金プランがあります。

リクエストというのは、使用する際に読み取りを指定した箇所の合計です。無料枠を超える数の読み取りを行なった場合には、その都度課金されます。事業の規模によって、プランを選択するのがよいでしょう。

業務効率化を促進するAI-OCR

今回はAI-OCRの基本的な情報・AI-OCR製品でも人気の高いDX Suiteについて紹介いたしました。AI-OCRはAIによる「機械学習」「深層学習」の特徴を活かした高度な読み取りを行う技術ということはご理解いただけましたか。

そして、DX Suiteに関しては、OCRの技術以外にもAIを活かした仕分けの機能であったり、判定の機能が備わっています。今後さらにAI-OCRの市場の拡大・製品バリエーションの幅の広がりがみられると思いますので、RPA HACKでも随時情報をアップしていく予定です。

Robo Runner、今なら14日間無料体験中!↓Robo Runnerサイトへ

Robo Runnerに関する記事↓

RPA5大ツールに関する情報も知りたいという方はこちら↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です