NEC、AutoMate、ipaSのRPAツールについて

RPAのツールとしては、日経においてはWinActor、Bizrobo!、外資はUiPath、Automation Anywhere、BluePrismなどが有名ですが、日々のニュースを見ているとそれ以外のツールの実績もプレスリリースベースで発表されています。

 

上記のツールと比較して、どんな特徴があるのか?をまとめている第三者的な記事が少ないのが現状でして今回は、なかなかRPAツールとして名前を聞かない会社のものも含めて、ニュースが多かったので、ツールに関する紹介とともにニュースをまとめます。

 

 

NEC、AutoMate、ipaSのRPAツールについて

■福岡市、NTT西、NECがRPA適用の共同研究

以前、自治体のRPA導入状況をこちらの記事でまとめましたが、福岡市の検証開始の記事。ツールは、NECの「NEC Software Robot Solution」

HPを見ると純国産でマニュアル、インターフェースが日本語という売りがありますが、ツール的な強みはあるのかとは思うのですがHP上からはよくわかりませんでした・・・(わかる方いたらコメントください!)

導入実績としては、パイオニア南都銀行の導入実績があるとのこと。

パッケージシステムのカスタマイズ費用とRPAの導入効果・費用を比較していくとのこと。

今回の共同研究は、住民記録システムへの転入届等の入力業務・通知書作成業務などの領域における既存のパッケージシステムへのカスタマイズ費用とRPAの導入効果・費用を比較検討し、導入効果測定、有効性検証を行う。

 

news.mynavi.jp

 

■RPAツール「AutoMate」をクラウドから提供?

ビジネスプロセスアウトソーシング(BPO)サービスなどを行うZation(江東区)は10月16日、クラウド環境で利用できるRPAツール「AutoMateクラウド」を発表。Helpsystemsが開発するRPAツール「AutoMate」を、Zationが用意するAmazon Web Services(AWS)の占有環境で提供するとのこと。

税別で月額10万円からと安価に提供。

この価格を見るとSMBでも使えそうな価格帯ですね。クラウドRPAはBizteXなど力を入れており、オンプレミス型よりも導入が容易なので注目です。

 

Helpsystemsは米のミネソタで1982年に設立された会社でIBM製品の取り扱いをメインで行っているとのこと。(日本ではAutoMateを三和コムテックが販売しているとのこと)

japan.techrepublic.com

 

 

■属人化していた業務を洗い出してRPAで自動化

現場での使いやすさでipaSを選択

 

読売新聞系列の広告会社で新聞折込広告をコア業務とする読売ISが、業務のRPA化に取り組み10月より全社展開を行っているとのこと。デリバリーコンサルティングのRPAソフト「ipaS(アイパス)」を導入。

詳しくは以下。

業務自動化ソリューション ? ipaS | 株式会社デリバリーコンサルティング

it.impressbm.co.jp

 

多くのツールがある中でどのツールを選ぶべきか見分けるポイントとして、自社と近しい規模、業界の会社がどのツールを使っているのか?それが成功しているor失敗しているのか?といった点をベンダーなどに聞いてみるのが一番良い方法です。

 

ツール、コンサルティングファーム、導入するパートナー企業など、RPAに関するエコシステムを明日はまとめたいと思います!

 

また明日~~!

RPAツールの「作れない」「直せない」の悩みを月5万円~で解決!↓
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です