1ライセンス年間1万円!初心者でも使える「nalgo-bot」とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RPAを使って業務を自動化したいけれど価格を考えるとためらってしまう。プログラミングに詳しい人が社内にいないので運用できるかわからない。このような理由でRPA導入がなかなか進まない企業は多いのではないでしょうか。

今回ご紹介する「nalgo-bot」は1ライセンスが年間1万円、パソコン初心者でも簡単に使えるRPAツールです。

今年7月に発売されたばかりの「nalgo-bot」について、開発元である日本アルゴリズム株式会社の中島智秋さんに教えていただきました。

会社概要

日本アルゴリズム株式会社は設立が1972年と歴史のある会社です。社員数は140名で事業内容はソフトウェアの設計・製造開発です。

請負開発がメインとのことですが自社開発も手がけていて、「nalgo-bot」は自社開発のRPA製品です。

開発の経緯

どのような経緯で「nalgo-bot」が作られることになったのかお聞きしました。

中島さん:「もともと他の製品の付録にしようと思っていたんです。AIを組み合わせて業務を可視化するシステムだったのですが、事情があってそちらは出さないことになりました。その過程で他のRPA製品をいろいろ試したところ、少し複雑で現場で使うのは難しいのではないかと感じました。そこで、現場の人が本当に簡単に使えるものを作ろうと思ったんです」

製品の特徴

ターゲット

中小企業や地方自治体をメインに考えているそうです。

大企業であっても情報処理技術に精通していない社員の方に使ってほしいとのこと。

将来的にはコンシューマーも視野に入れているそうです。

価格

1ライセンス年間1万円です。ライセンスはPC1台につき1ライセンスで、ライセンス契約は最低10ライセンスから。

ライセンスはソフトウェア利用料金でサポート料金は含まれていません。

他のRPA製品と比べて非常に安価なのは、機能が他のRPA製品と比べて多くなく、それらと併用で使うことを想定しているためです。

中島さん:「弊社規模の会社でRPAを導入する場合の現実的な価格という目安で設定しています」

UI

直感的に操作できます。パソコン初心者でも迷わず使えるように画面上の情報は最低限にしています。

シナリオはSNSのタイムラインのように表現されていて手順の可視化ができます。

操作の各画面と操作間隔が縦に並んでいる形なので繰り返しや分岐はありませんが、スクリプト変換することでより複雑なこともできるようになっています。

タイムライン形式をHTML出力することも可能です。

メイン画面

タイムライン画面

統計レポート

年間の削減時間の予測や現在までに削減できた時間、実際にそのシナリオで実現できた業務の削減率などをWebでいつでも見ることができます。

シナリオを記録した時の記録時間と記録した後の再生時間からそれらを算出しています。

スクリプト変換

独自スクリプトへの変換機能があります。

C、Java、JavaScriptのサブセット的なシンプルな言語仕様で、これにRPA用のライブラリを追加していろいろなプログラムが書けるようになっています。

専用の開発環境が付いていてデバッグ実行や実行途中の変数参照も可能です。

用途

日本アルゴリズムでは営業事務の現場で見積や売上の転記作業を「nalgo-bot」で自動化しています。具体的にはExcelで書いた納品物の作業報告書をWebサイトに登録するという作業だそうです。

他に考えられる自動化の例としては「大量のExcelデータをWebサイトへ登録する」「報告書を書き終わって、ファイルを保存してメール送信する」「複数の端末でのインストール作業」などがあります。

記録したシナリオを手順書として活用することもできます。

スクリプト化するとインストール不要で単体動作が可能です。USBに入れて複数端末にインストールし、自動化することができます。

開発時のテストにおいてはUI等が頻繁に入れ替わるため簡単な記録再生が望まれます。記録したシナリオでマウスのクリック位置などを簡単に変更することが可能です。操作間隔もまとめて変更することができます。

メリット

ちょっとした作業をすぐに自動化できるため、効率化を実感できます。

例えば5分かかっていた作業が自動化して1分で終わるようになると4分の時間が削減できます。1日1回の作業だとしても年間16時間(4分×244日÷60分)になり、年間で2日分の作業が削減できることになります。

このような自動化が10個できれば年間160時間(およそ1か月分の時間)を削減できることになります。

「nalgo-bot」を使ってどれくらいの時間を削減できたか常に見ることができるので、「nalgo-bot」を使うモチベーションにもなります。

従来のRPA製品との違い

RPAのメリットは「業務効率化」「人為的なミスを防止」ですが、デメリットとして「プログラミングの知識が必要」「業務のブラックボックス化」というのがあります。

「nalgo-bot」では記録した操作はタイムライン形式で可視化されるため、業務のブラックボックス化を防げます。

タイムライン形式ではプログラミングの知識は一切不要で編集できるため、実際に業務を行っている方が手軽に自動化できます。

体験版

30日体験版を無料で利用できます。

体験版の申し込みフォーム

まとめ

体験版を使ってみたところ、直感的な操作で動作が軽く、インストールも非常に簡単です。

気軽にRPAを試したい方は使ってみてはいかがでしょうか。

 

 

RPAやその他のRPAツールについて知りたい方はこちら↓

RPAエンジニアやフリーランスという働き方に興味がある方はこちら↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フリーランス・副業でRPAプロフェッショナルとして働きませんか?

『RPA HACK』は、フリーランスや副業での働き方を希望するRPAのプロフェッショナルの方が会員登録をし、案件を一緒にプロジェクトを進めていくプラットフォームです。

・RPAに関する知識や専門スキルを活かしてフリーランスで働きたい
・副業で週1~のスポット案件をやって柔軟に仕事したい

RPAに関するスキルを活かして働きたい!!という方は、お気軽に一度ご相談ください。


ご相談はこちら

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*