2019年は特化型RPAの1年に。通販特化の「フルタイム」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

特化型RPAが2019年が増える…!という話は、過去のRPAしくじり先生進藤さんの記事の中で触れました。

請求書特化型RPA、sweapの取材など特化型RPAのニュースは少しずつ増えていますが、「実際に特化型ってどこまで特化したものなの??」という話も耳にしますので今回は2019年1月18日にプレスリリースがあったEC業界初のリピート通販専用RPAチャットボット「フルタイム(β版)」を取り上げます。

 

「フルタイム(β版)」はリピート通販(※リピート通販に関する説明はのちほど)専用RPAとのことで思いっきり特化したサービスになっているので、業界に合わせて自動化進めていくサービス事例として共有できればと思います。

 

特化型RPAについて触れた過去記事

なぜ特化型RPAが注目?

特化型RPAは業界に特化し機能を絞っているため、利用する側の企業担当者は既存のRPAのようにシナリオを作成したり、専門的に使い方を勉強する必要がない点が特徴です。

既存の汎用的なRPAツールは、使いこなせれば出来ることは多いものの、そのための時間や人材や確保できない業界・業種はまだまだ多いのが現状です。そのため特化型RPAはこういった課題を解決してくれるツールとして注目されています。

今回取り上げる「フルタイム(β版)」はEC業界でリピート通販を行なっている事業者向けに開発したとのことでめちゃくちゃ特化されているツールになっています。

 

RPAとはあまり関係ありませんが、今回フルタイムが特化しているリピート通販とはなんぞや?という方はこちら。

 

フルタイム(β版)について

通販業界の抱える課題

通販の業界では以下のような課題を抱えているとのこと。

(1)新規顧客が増えるほど、解約手続きやデータ入力などの単純作業も増加する
(2)業務量の増加に伴い、従業員の心理的負荷や、人的ミスによるクレームも増えている
(3)単純作業は自動化したいが、仕組みを開発できる人材も時間もない

※これは通販業界に限らず他にもいえる業界が多そうですね!

提供サービス

本サービスは、アスニカ株式会社が開発したリピート通販における顧客対応と事務作業を自動化するRPAチャットボットです。

お客様の応対は24時間チャットボットが行い、これまで従業員が行っていた定期解約」「データ入力・集計」「出荷データ連携」などは、ロボットが自動で処理。

ロボットは全て作成済みのものを弊社で実装するため、エンジニアや専任担当者は不要。単純作業にかかる時間やコスト、人的ミスを無くし、従業員が新規顧客獲得やCRM施策などの「お客様のための仕事」に注力できる環境を実現。

エンジニア不要! &顧客対応から事務処理まで、人の手を介さずにワンストップで自動化とのこと。
チャットボットが24時間問合せを受け付け、RPAロボットがシステムを操作。人の手を介さずに対応が完了するという点が特徴です。

FULLTIME管理画面

今なら無償で利用可能

2019年1月23日(水)より公式サイトにて、100社限定で無償クローズドβテストの申込受付を開始するとのこと。興味のある方はまずは使ってみては??

[フルタイム公式サイト](https://full-time.io

まとめ

・エンジニアいらずで自動化

・業界特有の煩雑な提携業務の手間を解消

こういった強みを持つサービスは今後もあらゆる業界で新たに開発されていくのでは?と感じた事例でした。通販業界にどのくらいフルタイムがインパクトを出すのか?!とても楽しみです!

RPAを使って新サービス作ろう!と考える方は参考にしてみては。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フリーランス・副業でRPAプロフェッショナルとして働きませんか?

『RPA HACK』は、フリーランスや副業での働き方を希望するRPAのプロフェッショナルの方が会員登録をし、案件を一緒にプロジェクトを進めていくプラットフォームです。

・RPAに関する知識や専門スキルを活かしてフリーランスで働きたい
・副業で週1~のスポット案件をやって柔軟に仕事したい

RPAに関するスキルを活かして働きたい!!という方は、お気軽に一度ご相談ください。


ご相談はこちら

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*